いまさら・・・2011年11月27日 16時18分27秒

『ローマ人の物語』塩野七生著(新潮社文庫版)を勧められたので9月から読んでいる。
塩野さんの文章は歯切れがいい。誰かの文章に似てると思ったがさっき思い出した。蝶子さんだ。
『ローマ人の物語』にはカエサルのガリア戦記の記述が当たり前のように出てくるので近山金次訳の岩波文庫版を買った。
塩野さん絶賛のカエサルの文章だけど、近山さんの訳だとどうもぴんと来ない。
かえってややこしくなって現在15巻目で停滞中。最初のほうをすっかり忘れてしまっている。

目が急速に悪くなってパソコンの文字がとても見にくい。
仕事で遅くなることが多くてここしばらく家でパソコンをつけることがなかった。
ようやく少し早く帰れるようになってもパソコンに向かう気力がうせている。
パソコンをつけるたびにアップデートがしばらくされていませんとか言う画面が出て再起動が始まる。
萎える。

小論文の書き方の勉強を始めることにしたので本屋で目に付いた本を5~6冊買ってきた。
そのなかで比較的読みやすかったのが「伝える力」池上彰著(PHP)。
さすがNHK「週刊子どもニュース」の司会を11年間務めた人だ。知識を自分の言葉に置き換えてわかりやすく書いてある。
「13歳からの作文・小論文ノート」小野田博一著(PHP)。小論文の入門としてはわたしにはちょうどいいと思ったのだが、考えてみるとこの本、どの年齢に的を絞っているのかあいまいな感じがした。
第三部の「文章の形式とコツ」から読むほうがわかりやすいかもしれない。

こういったことを小中学生のころから始めていればわたしだってもう少し論理的な頭脳を持ち、過不足の無い知的な文章が書けて、違った人生を送れた      に違いない・・・

コメント

_ chiki ― 2011年11月27日 20時05分44秒


学びに遅い・・・はないはず。
今度は、何の賞かな?お待ちしています。

_ きのめ ― 2011年11月27日 22時00分36秒

chikiさま
いつもありがとうございます。
つぎは年末ジャンボの一等賞ですね\(^o^)/

_ よっぱ ― 2012年01月01日 14時05分58秒

昨年は色々とありがとうございました。
今年が素晴らしい一年になりますように。
本年もよろしくお願いいたします。

_ きのめ ― 2012年01月02日 17時34分39秒

よっぱさま
こちらこそ感謝しております。
あなたのことばでずいぶん勇気づけられた一年でした。
立ち止まったり振り向いたりしながらでも
一日一日一歩ずつ進む一年にしたいと思ってます。
今年が良い年でありますように。
よろしくお願いします。

_ manicure ― 2017年05月04日 16時04分51秒

Greetings! Very useful advice within this post! It's the little changes that make the
most important changes. Thanks for sharing!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック