一期一会2011年07月25日 13時00分50秒

会ったことのない友人がいる。
会話もネットの中で交わしただけにすぎない。
俺たちは、ジョン・マクレーンでもなければアル・パウエルでもない。
第一、俺のほうは仕事はとろいし、偏屈で能書きタレで嫌われてばかりいる。
でも、あいつはかっこいい。
たしかにヒーローでもなければ救世主でもない。
人を助けることなんかできない。そんなこと、よく知っている。
傍観して誰かを批判している自分を腹立たしく思っているだけなんだ。

俺もお利口さんじゃないものだから、やみくもに走っては
「ばっかじゃない」とせせら笑われて、またとんちんかんな方向に駆け出す。
怒り。腹立たしさ。やりきれなさ。
誰かや何かにぶつけてはいけないのだ。
で、次の時代をどう作っていく?

「け、そんなの俺の背中を見ていろ」
あいつの声が聞こえるようだ。

よっぱさん、あなたが選んだもの、しっかりいただいた。
ありがたし。
旨し。
ごっつぉさま!

コメント

_ よっぱ ― 2011年07月28日 02時08分02秒

こちらこそ、ありがとうございました。
背中、見せてね(笑)

_ きのめ ― 2011年07月29日 12時11分46秒

よっぱさま

いつでも見せますよ。
大風呂敷を背負った背中なら(照

_ maxinemyslinski.hatenablog.com ― 2017年07月31日 20時44分13秒

I will immediately clutch your rss feed as I can't to find your email
subscription hyperlink or e-newsletter service. Do you've any?

Please permit me recognise in order that I could subscribe.

Thanks.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック